地域でスタッフ募集があり、ダイビングスタッフ賃金は様

日本人のサービスが全世界的に評判になっていることもあって、日本人相手だけでなく日本人ダイビングスタッフは世界的にもニーズがあって、世界の色々な地域でスタッフ募集が行なわれています。しかし、それはベテランのダイビングスタッフであって、新人のダイビングスタッフは経験もダイビング技術も不足しているため、色々な地域でスタッフ募集が行なわれているとしても、必ずしも採用されるとは限りません。採用されたとしてもダイビングスタッフ賃金は抑えられてしまいます。そこでダイビングスタッフ賃金を向上させるためには、ダイビングの技術と経験をしっかりつけることが重要です。それには国内のダイビングショップで経験を積む方法が良いですが、現地サービスで経験を積む方法と、都市型ショップで経験を積む方法の2通りがあります。沖縄などの色々な地域でスタッフ募集をしていて、そこではダイビングスタッフ賃金は低いものの、毎日潜ったり、ゲストの相手をするため技術や知識、それにゲスト応対力が磨かれていきます。一方、都市型ショップでは海に潜る回数は減ってしまいますが、他の仕事とかけもちができるため、経済的に負担がかからずにダイビングの経験をつけられるメリットがあります。